cocoloa

01

JASMINE

Point

ジャスミンは、子宮のハーブとも言われ、生殖機能を高めるものとして考えられてきました。また、夜中により一層香ることから「夜の女王」と呼ばれているそうです。

リラックス、不安、無気力、子宮の痛み、生理痛、PMS、マタニティーブルー、乾燥肌、敏感肌

About

ジャスミンについての詳しい情報をご紹介します。

花言葉愛らしさ、愛想の良い(白:温順、柔和)(黄色:優美、優雅)
科・属モクセイ科ソケイ属
種類ジャスミン
和名茉莉花
原産地インド・ヒマラヤ・カシミール
芳香
成分
酢酸ベンジル(15~40%)
安息香酸ベンジル(15~20%)
フィトール(5%~15%)
リナロール(5%~10%)
作用保湿
鎮静
鎮痛
抗うつ
抗菌
抗細菌
抗炎症
催淫
催乳
ホルモン調整
子宮機能強壮
性的強壮
分娩促進
保湿
通経
興奮
血液浄化
神経バランス
皮膚軟化
開花期7月~9月
抽出
部位
抽出方法溶剤抽出法、二酸化炭素蒸留法
ノートミドルノート
注意事項高濃度で使用すると、頭痛や吐き気を引き起こす可能性がありますので注意してください。また、運転や集中して作業する際にも眠気を引き起こす可能性がありますのでご注意ください。

【免責事項】日本国内での「精油」はあくまで雑貨であり、アロマセラピーは医療ではございません。記載されている精油の効果効能や不調改善などの内容を保証するものではございません。トラブル、被害、損失、損害、等に対して、当社は一切責任を負いません。妊娠中の方や持病をお持ちの方、乳幼児やお子様に使用する場合、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。