cocoloa

01

CLOVE BUD

Point

クローブ(チョウジ)は、中国で漢方薬として使われており、料理のスパイスを筆頭に様々な方法で利用されています。主成分となるオイゲノールは、鎮痛、抗菌、抗ウイルス、防虫作用があります。

鎮痛、歯痛、頭痛、抗菌、抗うつ、集中力、胃痛、口臭、口内炎、ニキビ、水虫、皮膚炎、免疫力低下

About

クローブについての詳しい情報をご紹介します。

花言葉高貴、神聖
科・属フトモモ科フトモモ属
種類クローブ
和名チョウジ
原産地インドネシア
芳香
成分
オイゲノール(75~85%)
酢酸オイゲノール(5~15%)
β-カリオフィレン(5~10%)
カリオフィレンオキサイド(5~10%)
作用抗真菌
抗ウィルス
抗菌
麻酔
通経
神経強壮
子宮強壮
健胃
消化促進
駆風
血圧上昇
免疫刺激
駆虫
抗寄生虫
開花期7月~9月
抽出
部位
花の蕾
抽出方法
ノートミドルノート
注意事項

【免責事項】日本国内での「精油」はあくまで雑貨であり、アロマセラピーは医療ではございません。記載されている精油の効果効能や不調改善などの内容を保証するものではございません。トラブル、被害、損失、損害、等に対して、当社は一切責任を負いません。妊娠中の方や持病をお持ちの方、乳幼児やお子様に使用する場合、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。